九州動物学院
 

今日は七夕ですね。梅雨も明けてこのお天気なら、1年に一度の逢瀬が今日は実現するでしょうね。私は7月7日が大好きです。織姫と彦星にとってもそうでしょうが、私にとっても特別な日と位置づけています。

 実は1年の中で「特別な日」が3日あります。一つは「1月1日」・・「今年は何をしようか」と特別な気分になれる日です。それから7月7日。「7」は私 にとっては好きな数字。だからゴロのいいこの日が好きです。あとの一日は「11月11日」・・私の誕生日です。私はこの3日を「計画を立てる日」または 「生まれ変われる日」と決めて、毎年気持ちを込めて迎えています。

 皆さんは今日まで約3ヶ月、この学院で学びました。隣の席のクラスメートのことを、「この人はこんな人だな」って、すでに固定化している頃でしょう。人 はイメージが先行します。最初に抱いたイメージは結構根深く、その後の人生の中でもそうしたイメージの固定化は多かれ少なかれあります。
そのイメージをいい意味で裏切るには、この特別な一日がいいタイミングになるのです。その日を「自分をリニューアルする日」と位置づけてみましょう。なあ に、難しいことではありません。一つでもいい。「昨日と違うこと」をやってみたらいいのです。例えば、隣の席の友人に、昨日と違う心配りをしてみること。 例えば、犬の散歩をしている人に「何才ですか?」と気さくに声をかけてみる。こんなことが、自分を大きく変えるとしたら、やってみる価値はあるでしょう?

 「ちょっと言ってみる」とか「ちょっとやってみる」ってことは、行動する前は非常に勇気の必要なことに感じますが、やってみたら以外に簡単で、すごく気 持ちが高揚する、素晴らしいエネルギーを与えてくれるのです。こんなちょっとした行動が、何かしらの変化を生み、自分を変えてくれる力になるのです。もっ とすごいのは、こうした自身の変化が、周囲も変える。映画のワンシーンにあるような、知らない者同士が「は~い」なんて挨拶しあう、ちょっとフレンチなコ ミュニケーションでも、ぐっと自身を、周囲を変えるきっかけになるとしたら、勇気を振り絞って「一回やってみよう」と思うでしょ?そんな小さな勇気の継続 が自分をどんどん変えていく奇跡を体験してみて下さい。

 最初の一歩としてやってみてほしいのは、動物の勉強をしている皆さんならではの実践です。ペットショップで品定めをしている飼い主さんに、ぜひ声をかけ てみて欲しいのです。「何を飼っていらっしゃいますか?」から始まって、会話をつなげていって見て下さい。きっと勇気のいる行動ですが、やってみたら思う ほど難しくないと感じるはずです。何度か繰り返すうちに、成長した自分がそこにいる・・って想像しながら続けること。チャンスは気づかないうちに隣にいま す。今日一日を特別な日にするのも、いつもの一日にするのも自分次第。お試しあれ!