九州動物学院
 

皆さんは家でワンちゃんや、ネコちゃんを飼っていると思います。その子たちのフード代が一カ月どれくらい掛かるか知っていますか?これはぜひ、知っておい て欲しいことです。皆さん自身は一カ月どれくらいですか?一日1,000円として、ひと月30,000円くらいですね。ワンちゃんだと一日500円くらい として、ひと月15,000円ですね。それに予防接種代、フィラリア、ノミ対策などで一年で一頭につき10万円になります。15年生きたとして、合計 150万円。けっこう掛かるなと思いませんか?しっかり責任を持って飼うということは、お金も必要になってきます。

ペットの現場で働いていると、飼い主さん一人ひとりワンちゃん、ネコちゃんに対する価値観が違うと感じます。おやつ1,000円に“このおやつの内容で 1,000円なら安い”と感じる人もいれば、“犬のおやつに1,000円は高い”と感じる人もいます。フード一袋1カ月として一袋5,000円に対して も、安いと感じる人、高いと感じる人、それぞれです。 飼い主さんのワンちゃんネコちゃんに対する価値観を上げるのも、私たちの大事な仕事です。皆さんの 学費は年間およそ100万、これに対し高いから払いたくないという人はほとんどいないでしょう。もったいないなどと誰も言いませんね。それは皆さんが人間 だからです。それが犬が入学する学校に100万となると、高いと言う人は多いことでしょう。ペットを家族と認め、ペットに対する価値観を人間の存在くらい の存在に引き上げるよう、啓蒙して水準をあげなければなりません。

まだまだ残飯をワンちゃんに食事としてあげる人も多いですよね。また、雑種だから強いとか血統書つきだから弱いとかいう人もいますが、同じ内臓器官 を持った同じ種類の動物です。なんら変わりありません。それを雑種だから、というのは雑種に対する価値観が低く、動物病院に連れて行かなくてもいい、と 思っているということです。血統書のついた金額が高い子だと、価値があると考えて何かあるとすぐ病院に連れて行きます。ワンちゃんの命に上下はありませ ん。どの子も同じ命であり、価値がある・ないといった考えは誤りです。

皆さんの彼氏、彼女のプレゼントにお金をつぎこんでも、もったいないと思わないでしょう? 少しの値段の差で出し渋るようだと、そんなに好きではないのかもしれませんね。皆さんには飼い主さんたちの意識をうまく引っ張って、動物の価値観があがる よう頑張ってほしいと思います。看護したりトリミングしたりするのだけが、仕事ではありません。動物看護師の仕事として、ペットのお世話だけでなく家族の 一員として動物が認識させるのも大事なことです。それにはテクニックも必要です。頭ごなしに“いけない”といわれると、人間というのは反発して逆をしたく なるものです。ゆっくりと少しづつ考え方が変わるように導く、人を動かす説得力のある仕事を行って下さい。学院でもいろんな物事にたいする考え方が変わる ことでしょう。そのうちに獣医師、動物看護師という仕事が大きな仕事であると感じるようになってくると思います。